このカテゴリーをはてなブックマークする  このカテゴリーをクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録   FC2ブックマーク  

中小企業や個人事業主、SOHOが加入できる小規模企業共済。掛け金の割にはメリットがある共済として有名です。小規模企業共済について。

小規模企業共済の加入条件

スポンサードリンク

小規模企業共済制度というのを、皆さんはご存じでしたでしょうか?
小規模企業共済制度というのは、小規模の企業主や社員が事業の廃止・退職をした場合に、今まで積み立ててきた掛け金に応じて、共済金を頂くことができるというものです。


昭和40年頃に小規模企業共済制度が立ち上げられ、今なお継続して行われているのです。
早い話が、事業主の退職金という感じなのではないでしょうか?


この小規模企業共済制度というのは、普通に加入することが出来るわけではありません。
加入条件として、従業員が20人以下とあります。名前の通り、小規模企業共済制度ですので大人数の企業では加入することが出来ないのです。
小規模の企業にとっては、とてもありがたい制度となるのではないでしょうか?

小規模企業共済の掛け金

掛け金は約1000円~70000円となっています。加入してからも掛け金を増やすことが出来ますので、初めから焦って高額の掛け金を支払う必要も無いのです。
事業主に何かあったときのためにも小規模の企業は是非、小規模企業共済制度に加入することを見当してみてはいかがでしょうか?
絶対大丈夫という安心感を持たずに、何かあったら・・・という時のことを考えることが大切なのではないかと思います。


小規模企業共済制度について知らない方も多いと思いますが、もし小規模の企業を立ち上げることを考えている方は、このような共済制度があるということを覚えておいて頂きたいと思います。
事業主だけではなく、社員も助けることが出来ますので、必要ないと感じている方は一度考えを改めてみてはいかがでしょうか?
何かあってから後悔するのではなく、予めしっかりと対策を取っておくことがなによりも大切です。

共済制度

共済制度というのは、とても種類が多く小規模企業共済制度以外にも様々な種類が存在します。どの共済制度も必要となってきますので、一度共済制度について調べてみるのも良いかと思います。
調べている内に、自分に合った共済制度を見つけることが出来るかもしれません。


それが、小規模企業共済制度かもしれませんし他の共済制度かもしれません。
人の話を聞いてそれを参考にして、自分にあった共済制度を見つけてみてはいかがでしょうか?
人によって感じ方は異なってくると思いますが、先程もいったようにどれもこれも役に立つ共済制度ばかりですので、一度しっかり調べてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク