なぜ、ファイナンシャルプランナーが人気なのか?

終身雇用が崩壊し、国の年金にも頼れず、金融機関が倒産する時代。

ファイナンシャルプランナーは、広い視野を持って資産運用の提案ができるスペシャリストとして、平成15年にFP技能士として国家資格化されました。

「自分の資産は自分で守る」と危機感により、自分で資産を運用する必要性を多くの人が感じています。

そのため、ファイナンシャルプランナーは主に以下の点で人気となっているのが現状です。

1.自分の資産運用のため。

2.他人の資産運用のため(職業として需要)。

3.転職のみならず、独立・開業のため。

ファイナンシャルプランナーの資格で学べる6つの分野

ファイナンシャルプランナーでは以下の6つの点を学び、そして知識とスキルを身につける事が可能です。

1.ライフプランニング

■関連資格・職業

社会保険労務士

DCプランナー

2.タックスプランニング

■関連資格・職業

税理士

公認会計士

3.金融資産運用

■関連資格・職業

証券外務員

証券アナリスト

4.不動産

■関連資格・職業

宅地建物取引主任者

不動産鑑定士

5.相続・事業継承

■関連資格・職業

税理士

行政書士

中小企業診断士

6.リスク管理

■関連資格

保険外交員

ファイナンシャルプランナーの資格講座の勉強は日常でも役立つ知識が豊富

ファイナンシャルプランナーの資格取得のための勉強は、日常生活にも役立つ知識がたくさんあります。

生活に密着したファイナンシャルプランナーの知識は、あなた自身の人生設計にも活用可能です。

ファイナンシャルプランナーの資格講座を勉強した人達がいろんな場面でファイナンシャルプランナーの知識を活用しています。

ファイナンシャルプランナーの活用方法

ファイナンシャルプランナーで保険について勉強すれば必要な保障額を自分で計算可能

ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると日経平均などの株価の動きにも興味が出てくるため、投資にも活用可能。資格取得後に、自分自身の保険料を見直すことや、住宅ローンの見直し、資産運用の見直しに活用している方が増えています。最近では女性・主婦の方でファイナンシャルプランナーの資格を取得する方が増えています。

ファイナンシャルプランナー通信講座の資料請求先